むくみ解消ナビ TOP → むくみの基礎知識 むくみとは

むくみとは

むくみとは、主に皮下組織に体内の過剰な水分が溜まっている状態のことを呼び、顔面や上下肢などに多く現れます。医学的には「浮腫」といいます。

人間の体は約60%が水分で構成されていますが、その内の2/3は細胞の中に存在する「細胞内液」、残りの1/3が細胞の外に存在する「細胞外液」です。細胞外液の内、1/4は血漿水として血管の中を流れ、残りの3/4は血管外で細胞と細胞の間に存在しています。これを「組織間液」と呼びます。むくみはこの組織間液が増加したものです。

細胞と細胞の間の「間質」には毛細血管がはりめぐらされて体液のやりとりが行われているのですが、この毛細血管の体液の増加や血管内圧の上昇による漏出の増加と、毛細血管内の浸透圧の低下によって組織間液を引き戻せなくなる場合などに、間質に組織間液が増加します。こうして組織間に余分な水分が蓄積されたとき、むくみ(浮腫)が見られるようになります。

むくみは全身的に増加をきたす「全身性浮腫」と局所的に生じる「局所性浮腫」に大別され、それぞれさらに分類されます。

むくみの原因としては、心臓病、腎臓病、肝臓病、腹膜炎、女性の更年期障害、妊娠中毒症など病気による場合と、それ以外に栄養障害や生活習慣による場合があります。原因がひとつの場合もあれば、複数の原因が重なっている場合もあります。むくみの原因によってその対処法は異なりますので、安全かつ適切な対応ができるように、まずは原因を知ることが必要でしょう。

むくみの基礎知識


ナースシューズ メンズ
ナースシューズのメンズなら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!

ルリッド
ルリッドなら医療関係者向けの製品情報サイトで!