むくみ解消ナビ TOP → むくみに良い食べ物 きゅうり

きゅうり

きゅうりにはすぐれた利尿作用があります。

きゅうりは主成分の90%以上が水分で、栄養素としてはビタミンC、ビタミンE、ビタミンB2、カリウム、カルシウム、食物繊維などが含まれます。塩分は水分をかかえこむ性質があり、撮りすぎるとむくみの原因になるのですが、この中のカリウムは利尿を促す作用があり、体内に蓄積された余分なナトリウム(塩分)を排出してくれ、むくみ解消に効果があると言われています。

また、きゅうりの青臭さの成分であるピラジンは、血液をさらさらにさせ、血栓を予防し、心筋梗塞や脳梗塞の予防に効果があるとされています。 古くから日本人に親しまれ、生で気軽に食べられる淡色野菜ですが、きゅうりにはにんじんなどと同様にアスコルビナーゼというビタミンCを分解する酵素が含まれており、他の野菜とジュースなどにして一緒に食するとそのビタミンCを破壊してしまいます。ビタミンCを多く含む食材と一緒に調理するときは、その酵素の働きを抑えるために酢を使ったり、加熱調理をしたりして食べるようにしましょう。

きゅうりは水分が豊富で体を冷やす作用があるため、暑気あたりの予防にもなります。ただ胃腸の弱い人、冷え性の人には逆効果になるので、極端に冷やしすぎないよう気をつけましょう。

きゅうりを長持ちさせるには、水分がついているとそこから傷みやすいので、水気をしっかりふき取り、新聞紙などに包んで野菜室に蔓の切り口を上にして立てて保存するのがいいでしょう。きゅうりは低温に弱いので、冷蔵室ではなく野菜室で保存しましょう。

むくみに良い食べ物


写真を使用してオリジナルのパズル ウェルカムボードにもいいね
http://puzzle-ya.com/