むくみ解消ナビ TOP → むくみの原因 糖尿病性腎症

糖尿病性腎症

糖尿病性腎症は、糖尿病の疾患で三大合併症のうちの一つです。糖尿病による高血糖が長くつづき腎臓機能が低下した状態のことで、自覚症状はほとんどなく、むくみなどによって気づく場合にはかなり進行していることになります。

糖尿病を患ってから10年以上の長期間にわたって、正しい治療をせずに高血糖状態を続けていると、腎臓の糸球体にある毛細血管が動脈硬化を起こして固くなり数が減少し、糸球体組織の目が粗くなってしまいます。すると本来の濾過機能が低下して、糸球体の目をタンパク質が通り抜けてしまい、尿中に出るようになります。

また腎臓機能の低下で老廃物が排泄できずに体内にたまるようになると、高血圧やむくみなど腎炎に似た症状が現れます。むくみは朝よりも夜の方が強く、さらにひどくなると心臓に負担がかかり、肺に水がたまって呼吸が苦しくなる肺水腫になることもあります。

さらに悪化し腎不全になると体内に尿毒素が蓄積し尿毒症が出現し、最終的には透析が必要な状態となってしまいます。

糖尿病になって、数年後最初に現れる症状がアルブミン尿です。 まず、極少量の微量アルブミン尿が出ますので、この段階での早期発見が最短のタイミングです。微量アルブミン尿検査による早期発見の機会を作り糖尿病性腎症が進行し、蛋白尿が出る前に腎症の早期発見に努め、早期に治療に取りかかることが大切です。

糖尿病は知らないうちに糖尿病性腎症を始めとする糖尿病合併症にかかっていて治療に苦慮することも多いので、合併症にならないよう予防的な考え方を持ち糖尿病自体を治療する必要があります。

むくみの原因