むくみ解消ナビ TOP → むくみの原因 肺性心

肺性心

肺性心というのをご存知でしょうか。

これは肺の疾患が原因となって右心室から肺へと血液を送り出すのに大きな負担がかかってしまうことから右室拡大や、右心不全を起こしていることを意味します。

肺と心臓とは密接な関係があり、一方に異常があると必ず他方へ影響を及ぼします。肺性心とは、肺の病気が原因で肺での血液の流れが悪くなり、右心室の肥大拡張が生じる状態です。

右心室は二酸化炭素を含む血液を肺に送り出しています。肺機能が低下するとそれを補うために心臓はより大きな力で肺血管へ血液を送り出さなければならなくなり、心臓の右心室にかかる負担が大きくなって、右心室は肥大、拡張しを起こします。もともとの心臓病でなく、肺の病気が原因で心臓に異常が起きたものを肺性心といいます。

肺性心には急性のものと慢性のものがあり、急性肺性心は、主に肺の血管に大きくなった血栓がひっかかる肺血栓塞栓症が原因です。慢性肺性心は慢性気管支炎、肺気腫、肺線維症、肺結核、気管支ぜんそくなどの気管支や肺の疾患が原因となります。

肺性心の症状には、胸痛、息切れ、動悸、咳、疲労感などが主に見られ、進行すると、呼吸困難が強くなったり、腹部膨満感、静脈拍動、下肢のむくみ、唇や爪が青紫色になるチアノーゼなどが現れます。慢性肺性心では、元となる疾患の治療に専念します。 急性肺性心の場合は、酸素吸入を行い、 原因となる肺塞栓の血栓を溶解する治療法になります。

むくみの原因


アピドラ 副作用
アピドラの副作用なら医療関係者向けの製品情報サイトで!