むくみ解消ナビ TOP → むくみの原因 肝硬変

肝硬変

肝硬変の原因はさまざまですが、C型肝炎、B型肝炎からの肝硬変への移行が最も多く、つづいてアルコール性肝炎があげられます。

肝硬変は、長年にわたる肝機能の悪化の末、肝細胞の壊死と再生が繰り返されることで硬い繊維性隔壁が作られ、その繊維性隔壁が肝細胞を取り囲んだ状態をいいます。これにより肝臓の血流障害が起き、肝細胞の数が減り、最終的には肝臓が機能しなくなる肝不全の原因となります。

肝臓の本来の働きは、体内の有害な物質を無毒化したり、糖質、脂質、たんぱく質といった栄養素の代謝及び貯蔵です。体内でもっとも大きな臓器である肝臓の機能が低下すると、血液の中に水分を留めておくのに必要なアルブミンというタンパク質の合成が低下して濃度が落ちてきます。

血中のタンパク質は余分な水分を血管内に引き付ける性質があり、タンパク質の濃度が低いと不要な水分を回収できず、水分が皮下組織にたまるようになります。また肝臓の中に線維が増えて血流が悪くなるため、消化管から肝臓に血液を流す門脈の血圧が上がってきます。こうした状態では体内に水やナトリウムがたまり、むくみや腹水が生じます。むくみが見られるのは肝硬変が進んだ状態です。

疲労感や脱力感、食欲不振、体重減少、アルコールに弱くなる、皮膚の黒ずみ、出血、貧血、黄疸、腹水なども肝硬変の主な症状です。

肝硬変になってしまった肝臓は、今の医学では正常な肝臓へはもどりません。今以上に肝硬変を悪化させないことが最も重要になります。前段階の慢性肝炎と診断された場合は、自覚症状がなくても、定期的に病院で検査や治療を受けることをお勧めします。

むくみの原因