むくみ解消ナビ TOP → むくみ解消法 湯船に入る

湯船に入る

独り暮らしなどではお風呂にお湯をためずシャワーで済ませる人がとても多いのではないかと思います。しかし湯船につかることはむくみを作らないためにもとても効果があります。

これは、入浴による温熱効果で体が温められ、血行が促進されるという点も大きいのですが、?それに加えて、入浴中は水の浮力が働いているため、?血液を足から心臓へ押し戻すことが容易な状態になっています。足の筋肉の量が少なく、ポンプ作用が働きにくい場合でも、?足にたまった血液を循環させやすい状態になるので、即効性が期待できるのです。

20分〜30分程度じっくりつかって温まるには、?体への負担が軽い半身浴がおすすめです。半身浴はお湯の温度を39度程度にしてみぞおちより下の下半身だけお湯に浸かります。上半身が冷えないようにタオルなどをかけて行ってみてください。

いずれにしても入浴は内蔵に負担をかける場合があるので、入浴時間は体調に合わせて調整しましょう。

一日の疲れをゆっくりと癒し、リラックス効果とともに新陳代謝も高まります。また、お風呂に入れない時は足湯でも同様の効果が得られます。お湯の中で足首を回したり、上下に動かしたりするとさらに血行促進に効果があります。足の指の間に手の指を入れて、指の間を広げたり足の指をグーパーと開閉する運動も静脈の血行を良くし、むくみ改善に大変効果的です。お好みの入浴剤やアロマオイルなども使って入浴タイムを楽しみましょう。

むくみ解消法


eおくすり
eおくすりなら医療関係者向けの製品情報サイトで!