むくみ解消ナビ TOP → むくみの種類 アルコールによるむくみ

アルコールによるむくみ

アルコールを飲み過ぎた翌朝、顔にむくみが出ることはよくあると思います。これはアルコールをたくさん飲み過ぎたために血液中のアルコール濃度が高くなり、血管が拡張することによってリンパや静脈での水分を処理するスピードが追いつかず、体内に余分な水分がどんどん溜まることになり、これがむくみとなって現れるからです。のどを潤そうと摂取したアルコールは実は水分補給にはならず、結果として水分は皮下脂肪にたまってしまうのです。

ビールなどは、利尿作用があるといわれ、水分を体外に排出していそうですが、尿は腎臓が排出するということであって、そこで排出された分血液濃度が高くなり、体はさらに水分を補おうとアルコールを摂取してしまうのです。アルコールには塩分の多いおつまみが合い、食べることによってまたのどが渇き、さらにアルコールを進めてしまうのも悪循環です。体内の過剰な塩分はミネラルバランスを崩し、うまく排出されずに水分を抱え込み、むくみになります。

アルコールを飲んだ場合は、腎臓の働きも低下し、腎臓で処理しきれなかった余分な水分が血管から滲み出し、皮下組織に蓄積されむくみを後押ししてしまいます。

アルコールは適度に飲む分には、体を温めたり、血流を良くしたり、リンパの流れも活発にします。また食欲を増進させたり、気持ちをリラックスさせたり、ストレスを発散させたりの効果もありますが、多く摂取するのは控えた方がよいでしょう。

むくみの種類


筆耕 表彰状
筆耕の表彰状なら代書・代筆・筆耕の書道サービスで!

新幹線回数券 買取
http://www.akb-shinrai.jp/

アマリール 副作用
アマリールの副作用なら医療関係者向けの製品情報サイトで!