むくみ解消ナビ TOP → むくみの種類 生理によるむくみ

生理によるむくみ

女性は生理によってむくみが生じることもあります。

生理によるむくみには、女性ホルモンが関係しています。黄体期と呼ばれる?生理の直前には、妊娠のためのホルモンであるプロゲステロンの分泌が活発?になり、体は妊娠に備えエネルギーを溜め込もうとします。その作用で体に水分を溜め込み、過剰に皮脂を?分泌します。皮脂の分泌は、肌にとって良いことではなく、吹き出物?ができる原因にもなります。また、プロゲステロンの影響で余分な水分を溜め込こまれた水分で、むくみが生じることになるのです。

さらに、むくみの原因は血液の循環とも深く関係している?ようです。生理中は、血行があまり良くありません。むくみは、?血行が悪くなると起こります。また、ひどい肩こりや頭痛で悩ま?される人もいます。

血行を良くするためには、お腹や腰に使い捨てカイロを貼ったり、ゆっくりお風呂につかり、リラックスして体を温めることが有効です。体を冷やさないように、暖かい服装をして、特に腰周りを温めるようにしましょう。

血行を良くするマッサージをしたり、歩くなどの軽い運動も良いでしょう。

生理前にはホルモンバランスの関係で、ビタミンB6やマグネシウムが不足するので、ビタミンB6を多く含む、豚肉、大豆、いわし、かつお、さば、玄米、小麦胚芽など、マグネシウムを多く含むホウレンソウなどの緑黄色野菜や海藻類などを食事に取り入れると良いでしょう。塩分やアルコールを控えることもむくみ対策に効果的です。

むくみの種類


医院 開業
医院の開業なら信頼と実績の当社へ